在留資格「特定技能」の試験スタート

IMSの川上と申します。

東京の桜は葉桜に変わり、寒暖を繰り返しながら季節が進んでいることを感じます。

 

4月14日、特定技能の在留資格の取得要件である試験が実施され、

今回は14種ある対象業種のうち、宿泊業の試験が全国7カ所で行われました。

しかし、申し込み数の半数しか受験しなかったという事実をニュースで知り、

とても驚きました。

受験料さえ払っていない申込者も多くいたとのこと。

 

外国人の雇用拡大として大変な注目されていた「特定技能」の在留資格ですが、

申し込んでみたもののやっぱりやめたのか、

そもそも試験を受ける気もなく申し込んだのか。。。

受験者の真剣度を疑いたくなるような状態でした。

 

様々な問題がありつつも、日本の社会を支える制度として決定したはずなのに、

当事者である外国人の意識と制度を作成した側の意識に

大きな乖離があると感じます。

 

働いてくれれば誰でもいいわけではなく、その為の試験だったはずです。

又外国人が日本で働いてみたいと強く希望してくれるような制度でなければならないはずです。

このような現実を受け止めて、制度自体の検討が進み、受け入れる側と申し込みする側、

双方にとって有益な制度となっていくことを強く願わずにいられません。

 

-ブログ一覧へ-