就職活動のための特定活動ビザ

行政書士法人IMSの川上です。

9月に入り、少しずつ秋の気配を感じられるようになりました。

私は先月からIMSのお客様である大学へビザコンサルティングにお伺いしています。

そこで様々なご相談や申請をお受けするのですが、ここ最近8月末で卒業をした留学生から、
この申請に関する相談を多く受けています。

日本の大学、大学院を卒業する外国人留学生はある一定の条件の下で、
就職活動のために特定活動の在留資格に変更することができます。

そこで必要な提出書類の中に、具体的な就職活動の内容を示す資料があり、
これはどんなものですか?という質問をよくお受けします。

例えば、
・企業説明会への参加申し込み実績が分かるメール
・エントリーシートのコピー
・面接日程に関する企業からのメール

等を出力したものも参考資料になります。

外国人留学生が日本で学んだことを生かし日本で働いて活躍してくれたら、

日本にとってとても良い効果が得られると思います。

自分の就職活動の時代は超氷河期で、うまくいかなかったことの記憶ばかりが蘇りますが…

留学生な皆さんが希望するお仕事に出会えることを、ビザ申請を通じて応援したいと思います。

-ブログ一覧へ-