日本のパスポートパワー

こんにちは。行政書士法人IMSの川上です。

10月に入り、一雨毎に季節が進んでいくのを感じるこの頃です。

 

突然ですが日本人がビザを取らずに渡航できる国や地域はどれくらいあるか知っていますか?

 

答えは189の国と地域で、これは現在世界一だそうです。

日本人に大人気のハワイも短期間の旅行であればビザは要りません。

だからこそ、こんなにも人気を集めているのかもしれません。

 

少し気になったので、日本人が事前にビザを取らないと渡航できない国を調べてみました。

 

ブラジル、イラク、サウジアラビア、シリア、イエメン、ロシア、キューバ、ナウル、アフガニスタン、ブータン、パキスタン、北朝鮮、トルクメニスタン、アルジェリア、アンゴラ、ブルキナファソ、ブルンジ、カメルーン、中央アフリカ、チャド、コンゴ共和国、コンゴ民主共和国、コートジボアール、赤道ギニア、エリトリア、ガンビア、ガーナ、ギニア、リベリア、リビア、マリ、ニジェール、ナイジェリア、シエラレオーネ、南スーダン

 

が挙げられました。

査証免除協定は変動しますので、これらの情報は流動的ではありますが、

いずれにしても日本のパスポートは世界最強といって間違いないと思います。

ですので、何かのきっかけでビザを取らなければならない状況になった時、

不安に感じる方も多いと思います。

 

特にアメリカビザは面接もあり、膨大な書類の準備も必要です。

IMSではアメリカビザ申請の豊富な実績がございますので、

お困りのことがございましたら是非一度お問い合わせください。

 

-ブログ一覧へ-