外国人が日本で生まれたら…その子供のビザについて

行政書士の川上です。

 

中長期在留外国人が200万人を超える昨今、

当然に日本で生まれる外国人の数も増加しています。

日本は国籍については血統主義を採用しているため、

父親か母親が日本国籍でない場合は、日本で生まれたとしても

原則日本国籍を得ることはありません。

 

そして、例え父母が適切な在留資格を持っていたとしても、

日本で生まれた外国人の赤ちゃんは、自動的に在留資格を得る訳ではありません。

外国人の赤ちゃんが出生後60日以上日本に在留する予定がある場合は、

在留資格取得申請を行い適切な在留資格を得る必要があります。

これは出生から30日以内に行わなければなりません。

出生してから赤ちゃんのパスポートの申請が、在留資格取得期限の30日以内に間に合わなくても、

在留資格取得の時点ではパスポートがなくても申請が可能です。

 

反対に言うと、出生後60日以内に日本を出国するのであれば、

在留資格取得申請は必要ありません。

しかし出生から60日を過ぎて、在留資格を取得していないと

理由を問わずオーバーステイになってしまうので、注意が必要です。

 

ちなみに、お子さんの父母が日本に滞在中の場合の、お子さんに与えられる在留資格には

ケースにより以下のものがあります。

①父母が就労資格で日本に滞在している場合のお子さんには「家族滞在」が

②父母どちらか永住者の場合のお子さんには、日本で出生→取得永住により「永住者」が、

③父母どちらか永住者の場合のお子さんには、海外で出生→「定住者」が、

④父母のどちらが日本国製の場合のお子さんには、日本で出生→日本国籍が、

⑤父母のどちらが日本国製の場合のお子さんには、海外で出生→「定住者」が

それぞれあたえれることになります。

 

縁あって人生のスタートを日本で迎えた赤ちゃんにも、

在留資格に関する手続きは大切はものです。

適切な在留資格を取得し、健やかに成長して欲しいと願います。

-ブログ一覧へ-