「技術・人文知識・国際業務ビザ」を取得するための要件

表1 技術 人文知識 国際業務
学歴 これから従事する予定の業務に関連がある専門分野を専攻して大学を卒業していること。 ※大学には、短期大学、大学院、専門士を取得できる専門学校も含まれます。 ここでいう大学は、日本に限らず、日本の学校教育法に基づく大学、短期大学にあたる外国の大学も含まれます。 これから従事する予定の業務に関連がある専門分野を専攻して大学を卒業していること。 ※大学には、短期大学、大学院、専門士を取得できる専門学校も含まれます。 ここでいう大学は、日本に限らず、日本の学校教育法に基づく大学、短期大学にあたる外国の大学も含まれます。 これから従事する予定の業務に関連がある専門分野を専攻して大学を卒業していること。 ※大学には、短期大学、大学院、専門士を取得できる専門学校も含まれます。 ここでいう大学は、日本に限らず、日本の学校教育法に基づく大学、短期大学にあたる外国の大学も含まれます。
職歴 これから従事する予定の業務について、10年以上の実務経験があること。 これから従事する予定の業務について、10年以上の実務経験があること。 申請人が外国の文化に基盤を有する思考又は感受性を必要とする業務(翻訳、通訳、語学の指導、広報、宣伝又は海外取引業務、服飾若しくは室内装飾に係るデザイン、商品開発等)については三年以上の実務経験がある場合、申請が可能です。  *実務経験には、専門学校等で学んだ期間も含まれます。 ただし、内容によっては、「国際業務」ではなく「人文知識」として扱われる可能性があります。
情報処理技術に関する試験の合格または資格の保有 申請人が、情報処理に関する技術または知識を必要とする業務に従事しようとする場合、<法務大臣が告示をもって定める情報処理技術に関する試験に合格>、または、<法務大臣が告示をもって定める情報処理技術に関する資格を保有>していること。 (IT告示 表2)つまり、情報処理に関する技術または知識を必要とする業務に従事しようとする場合には、学歴・職歴がなくても、「技術ビザ」を取得できるといえます。
ご質問やご相談、お見積りなど、お気軽にご依頼ください。

お問合せ