資格外活動許可申請
(アルバイトの許可をとりたい)

日本に在留する外国人は、それぞれの在留目的に応じて在留資格が付与され、別の在留資格に属する活動を行おうとする場合は、別の在留資格に変更をする必要があります。
ただし、本来の主たる在留活動が妨げられない範囲で、臨時的に他の収入を伴う事業の運営や報酬を受ける活動を行う場合には、「資格外活動許可」を申請する必要があります。
留学ビザの方は、大学内のティーチングアシスタント・リサーチアシスタント以外のアルバイトをする場合、また、家族滞在ビザの方がアルバイトする場合は、資格外活動許可を受ける必要があります。 許可を受けずにアルバイトをして入国管理局に摘発されると、最高3年以下の懲役または300万円以下の罰金、あるいはその両方に処されます。

在留資格「留学」を持つ学生の資格外活動許可時間

1週間のアルバイト時間 教育機関が定める長期休業中のアルバイト時間
1週間につき28時間以内 1日8時間以内

また、資格外活動許可における一般原則は以下の通りです。

  • 現に有するビザに係る活動の遂行が妨げられるものでないこと。
  • 従事しようとする活動が風俗営業等に該当しないこと。

ご質問やご相談、お見積りなど、お気軽にご依頼ください。

お問合せ