過去にビザ申請が却下された方のアメリカB1B2ビザ申請 | 日本・アメリカビザ申請代行【行政書士法人IMS】

過去にビザ申請が却下された方のアメリカB1B2ビザ申請

B-1 / B-2 Visa

過去にビザ申請が却下・不許可された方のアメリカビザB1B2ビザ申請をサポートいたします。

米国の法律では、一般的にビザ申請者は米国大使館または領事館で領事による面接を受けることとされています。申請者が提供した申請内容、申請者の情報が検討された後、米国法で定められた基準に基づいて、ビザ申請が許可されるか拒否されるかが決定されます。

ビザ申請の大半は承認されますが、米国法ではビザ申請を却下する基準を定めています。領事は、申請者のビザ申請を許可してビザを与える資格があるかどうかを判断します。

申請者は提供すべき必要な情報を提示していない、申請者が申請したビザのカテゴリーが滞在目的に該当しない、あるいは審査した結果、申請者が法律で定められた不許可・不適格事由に該当するなどの理由で、申請が却下されることがあります。

IMS取り扱い成功事例

弊社は多くの取り扱い許可取得事例がございます。下記はほんの一部にしかすぎませんが、ご紹介いたします。

» Case01

外国人の配偶者と観光目的で自身で申請却下

書類不足でホームタイの証明を強め再申請で許可

» Case02

日本国籍に帰化した外国人が自身で書類作成申請却下

帰化の経緯の疎明資料等作成し再申請で許可

» Case03

申請したビザカテゴリーの要件を理解しておらず自身で書類作成申請却下

滞在目的を明らかにしたサポート資料を
作り直し再申請で許可

» Case04

ハワイに長期滞在するために自身で申請、移住を疑われ却下

ある程度の期間を空け渡米目的を明らかにした
サポート資料を作り直し再申請で許可

薬物や犯罪行為など、申請者の現在及び/又は過去の状況によりビザを取得する資格がないものとみなされることがあります。
ビザが却下された場合、不許可のレターが渡されます。なおビザ申請者は、領事からビザ不適格の免除(waiver)を申請できる場合には指示がされます。免除申請ができる場合には時間はかかりますが申請を行うことを推奨いたします。

大使館の面接を受けて却下になった場合、その場で却下になった理由が書いてあるレターを受けとります。多くの方は、「米国移民国籍法(INA)214(b)条に基づき不適格と判断されました。」という一般的な内容が記してあるレターを受けとることになります。残念ながら、そのレターには具体的な理由は示されていません。また、領事は面接時に、申請者に対してなぜ却下になったかの理由は説明して下さいません。従って、申請者は却下になった具体的な理由がわからないままとなります。この状態で、数週間後に再度申請書類を揃えて面接を受けても、やはり却下になってしまうのです。つまり、前回の申請にどのような問題があったのかを分析しておらず、再申請にむけて十分は準備をしなかった為に、許可を得られなかったのです。同じ内容で何度申請をしても許可を得られない、ということになります。IMSは過去にビザ申請却下歴がある方(個人・企業)のアメリカビザB1/B2ビザ申請を多くサポートしております。

アメリカビザ申請が却下される理由は?

米国移民国籍法(INA)214(b)条以外にもINAの条文に基づき、ビザ申請が却下される場合がありますでの、例を挙げておきます。

INA212(a)(2)(A)(i)(I) 過去の犯歴の内容が道徳に反する行為を含む犯罪である為、ビザを受け取る資格がないと判断された場合。

INA212(a)(2)(A)(i)(II) 過去に規制薬物に関する法律または規制に違反した為、ビザを受け取る資格がないと判断された場合。

INA212(a)(2)(B)   過去に2つ以上の犯歴があり、合計で5年以上の下されている為、ビザを受け取る資格がないと判断された場合。

再申請は初回申請よりもビザ取得のハードルが上がります。初回からビザ申請は慎重に進めていく必要がございます。

まずはお気軽にご相談ください。なお、行政書士には、行政書士法第12条により、秘密保持義務が課されています。正当な理由がなく、その業務上取り扱った事項について知り得た秘密を漏らしてはならない、とされています。

信頼と実績の弊社までご連絡ください。

お問い合わせ

Contact Us

ご質問やご相談、お見積りなどお気軽にお問い合わせください。
スタッフ一同お客様一人一人のご事情に沿った丁寧な対応を心掛けております。
万全なサポート体制でお客様からのお問い合わせお待ちしております。

03-5402-6191

9:00~18:00 土日祝定休

お問い合わせ