逮捕歴・犯罪歴有の方のビザ申請 | 日本・アメリカビザ申請代行【行政書士法人IMS】

逮捕歴・犯罪歴有の方のビザ申請

B-1 / B-2 Visa

過去に逮捕歴・犯罪歴のある方で不適格者としてESTAの認証を得ることができない方のアメリカビザB1B2ビザ申請をサポートいたします。

IMS取り扱い成功事例

弊社は多くの取り扱い許可取得事例がございます。下記はほんの一部にしかすぎませんが、ご紹介いたします。

  • 商標法違反により罰金刑
  • 覚せい剤取締法違反、執行猶予付き判決
  • 免停中に運転をし、略式命令罰金刑
  • 大麻所持執行猶予付き判決(多数)
  • アメリカ国内で飲酒運転で逮捕歴
  • アメリカ国内で業務執行妨害で逮捕歴
  • カジノ助長疑義で逮捕
  • 窃盗で逮捕
  • 強制わいせつ被疑事件で不起訴処分
  • 強盗致傷被疑事件で不起訴処分
  • 痴漢で不起訴処分
  • 迷惑行為防止条例違反被疑事件不起訴処分
  • 規制薬物・危険ドラッグに関する法律違反、不起訴処分
  • 自動車運転過失致死、執行猶予付き判決

過去に逮捕歴・犯罪歴のある方

過去に逮捕歴があったり、犯罪歴がある方が渡米するには、渡航する目的に合わせて、ビザ申請をしなければアメリカに入国することはできません。
ESTAの申請時に適格性の質問の部分で過去の犯罪歴を問われる質問があります。この質問に「はい」と回答された方はESTA認証を得ることができず、ビザ申請が必要となるのです。

なお、過去の犯罪歴等を隠して虚偽の申告をし、ESTA認証を得られたとしても、米国到着時に入国審査時、入国審査官による審査を受けますが、米国法による何らかの理由で、入国は認められないと判定されることが多くあります。

入国不適合者としてみなされている方とは

  • 1⃣品位にかかわる犯罪(レイプ・殺人・売春・近親相姦・脱税・詐欺)またはそのような犯罪の未遂もしくは陰謀を企てた人。
  • 2⃣規制薬物に関する国、米国、または外国の法律または規制の違反(または違反の陰謀もしくは未遂)をした人。
  • 3⃣複数の犯罪歴-2つ以上の犯罪(純粋に政治的な犯罪を除く)で有罪判決を受けた外国人は、有罪判決が1回の裁判であったかどうか、犯罪が1つの不正な計画から生じたかどうか、犯罪が道徳的に悪いかどうかにかかわらず、合計の禁固刑が5年以上である人

犯罪の具体的な内容や申請者の現在の状況、渡航目的など申請人ごとに慎重に審査され領事の裁量にもとづきビザ発給可否の判断がなされます。
残念ながら上記Cで2つ以上の罪で有罪判決を受け量刑が5年以上の方はアメリカへの入国禁止とされているので、アメリカへの渡航は諦めざるを得ないでしょう。

日米重大犯罪防止対処協定PCSC協定により重大な犯罪に関与している具体的な疑いのある者の指紋情報・日本国内で逮捕された容疑者指紋情報をアメリカと共有していますので、アメリカ側で入国審査の際に犯罪者の入国を禁止するための措置が強化されています。

なお、逮捕・犯罪歴とは、懲役刑や禁錮刑で実刑をうけた場合、執行猶予付きの量刑を下されている場合、罰金刑による有罪判決を受けている場合、起訴され不起訴処分となった場合も含みます。

まずはお気軽にご相談ください。なお、行政書士には、行政書士法第12条により、秘密保持義務が課されています。正当な理由がなく、その業務上取り扱った事項について知り得た秘密を漏らしてはならない、とされています。
信頼と実績の弊社までご連絡ください。

お問い合わせ

Contact Us

ご質問やご相談、お見積りなどお気軽にお問い合わせください。
スタッフ一同お客様一人一人のご事情に沿った丁寧な対応を心掛けております。
万全なサポート体制でお客様からのお問い合わせお待ちしております。

03-5402-6191

9:00~18:00 土日祝定休

お問い合わせ