在留資格変更許可申請
(在留資格を変更したい)

在留資格変更許可申請とは?

外国人が日本で行う活動に変更があった場合は、その活動に該当する在留資格に変更(在留資格変更許可申請)する必要があります。在留資格変更申請の手続きは申請人の状況に応じて必要とされる書類が大きく異なりますので、手続きを熟知した専門家にご依頼頂く事をおすすめいたします。
入国管理局で申請が受理されると特例期間として現在の在留期間が2ヶ月延長されます。しかし2ヶ月を過ぎても新しい在留カードを引き取らないと不法滞在の扱いになるため、申請から新しい在留カードの引取りまでスムーズな手続きが必要とされます。

IMSにおける在留資格変更許可申請フロー

在留資格変更許可申請における注意点

IMSをご利用の場合、お申し込み時にパスポート及び在留カードをお預かりし、手続き完了まで管理いたします。ご担当者様にはすべての手続きが完了した後のご返却となりますが、一旦返却をご希望の場合はご相談下さい。
お申し込み頂いた後は速やかに入国管理局へ申請いたしますが、申請日は当事務所で必要な事務処理後になります。(申請者本人が入国管理局へ申請する場合は、IMSの手続き項目は無くなります。)

ご質問やご相談、お見積りなど、お気軽にご依頼ください。

お問合せ