アメリカビザ基本情報

アメリカビザとは?

ビザとは、日本語では査証と言われます。他の国に入国する際に、入国することができる資格を持っていることを証明する書類を指します。多くの国では、不法就労者となる疑いがある人や、過去に何らかのトラブル等があり、自国の安全を脅かす恐れがある人の入国を防ぐため、さらに入国審査を簡略化するために、前もって管轄の在外公館において審査を行っています。入国してもよいだろう、と判断されると入国を許可する書類が発行され、この許可証がビザと呼ばれています。 ただし、最終的に入国する為の上陸審査の最終決定権は入国審査官に与えられているため、有効なビザを持っていたとしても、入国目的とそぐわないと判断された場合には、入国拒否になる場合もあります。

ビザ免除プログラム(ビザ・ウェイバー・プログラム)

日本国籍者は、90日以内の観光・商用目的の場合にビザ(査証)なしでアメリカへ渡航することができます。これは、日本とアメリカ間の相互的な特例の措置があるからです。 2009年1月12日より、ビザ免除プログラムを利用してアメリカに渡航する際には、 飛行機や船舶に搭乗前にオンラインでESTA(エスタ)と呼ばれる、電子渡航認証システムを事前に申請しなければならなくなりました。

ESTA(Electronic System for Travel Authorization)

2009年1月より、アメリカへビザ免除プログラムで入国する渡航者は、飛行機や船舶に搭乗前に ESTA(電子渡航認証システム)の取得が義務付けられました。乗り継ぎの場合にもESTAが必要となります。 2018年12月12日にCBP(U.S. Customs and Border Protection)の審査ルール改定により、即時審査が廃止され、渡航の72時間前には、ESTA申請を行うよう推奨されています。 ビザ免除でアメリカへ渡航する場合には余裕をもって事前に申請をしてください。
ご質問やご相談、お見積りなど、お気軽にご依頼ください。

お問合せ