IMSブログ | 日本・アメリカビザ申請代行【行政書士法人IMS】

IMSブログ

Staff Blog

【Youtubeアップしました】搭乗券のSSSSには気を付けて

Secondary Security Screening Selection

航空券に「SSSS」が印字されている方はFBIの要注意人物扱い?アメリカへ出発時の実体験という記事を目にしましたので、どのような意味なのか、どのような不利益を被るのか、見て行きたいと思います。

さて、飛行機に乗る際、必ず受ける保安検査は、国・地域によって「厳しい」「緩い」などの差は若干あっても、基本的に万国共通です。カバンや上着をトレーに乗せ、靴を脱ぎ、必要であればカバンの中身を取り出して調べられます。

その保安検査でアメリカ入国の際に「SSSS」と航空券に印字されることがある、という事実をご存じでしょうか。 特別な人物だからと印字される場合や、搭乗客のなかから無作為に選ばれることもあります。何も悪いことをしていなくても航空券に「SSSS」と印字される可能性もゼロではありません。「SSSS」と印字された搭乗券が自分だった場合、簡単にいうと、保安検査が通常より厳しくなります。しかしそれだけではありません。

SSSSは、「Secondary Security Screening Selection(二次的セキュリティー検査選出)」あるいは「Secondary Security Screening Selectee(二次的セキュリティー検査被選出者)」の略といわれています。

数年前にカナダからアメリカに向かおうとした際、渡された航空券に「SSSS」と印字されてしまった方が、その実体験を紹介されています。

これまで20年あまり、何度もアメリカへ渡航したにもかかわらず、その経験は一切なく、自分には関係がないと思い切っていたそうです。

2019年12月25日。忘れもしないクリスマス当日、カナダのバンクーバーからアメリカのシアトルへアラスカ航空で搭乗手続き(チェックイン)したときのこと。

いつも通りに空港のカウンターでスーツケースを預け、アラスカ航空のスタッフから「メリークリスマス!」といわれて受け取った航空券を見て、一瞬のうちに凍り付きました。

航空券に「SSSS」と印字されていたそうで、
海外でのクリスマスは日本の元旦のような日で、空港は空いていたそうです。

なぜ自分が「SSSS」に選ばれたのかは謎で、スタッフに理由を聞くわけにもいきません。とりあえず保安検査場へ向かわれたそうです。 カナダからアメリカへは、国内線とも国際線とも違う入口で、当然ながら保安検査があります。 保安員は「ハロー!」と笑顔で迎えてくれたものの、航空券を見た瞬間、顔色が一変して厳しくなり、そして「この搭乗券の意味をわかっているよね」といわれ、「はい」と回答され、保安検査は通常とは違うレーンに1人だけ別に連れて行かれ、カバンの中身を全部出すようにいわれました。ポーチの中身もだったそうで、それを1点ずつ保安検査の機械に通していくため、非常に時間がかかります。

カメラについては「これは何を撮るのか」とまで聞かれ、さらにシアトルへ行く目的も。ボディチェックも念入りでした。いつもは流れ作業の如く終わる保安検査が、15分ほどの時間を要したそうです。そして、問題がないことがはっきり分かった時点で、やっと解放。と思ったら、搭乗する際にもゲートのところで、搭乗券の「SSSS」を見たスタッフの顔が固まったそうで、「ちょっと待って」とゲートの前でほかの乗客を先に搭乗させ、最後にやっとゲート通過。機内では何事もなく過ごせたそうです。

アメリカのTSA(運輸安全局)の規定によると、この「SSSS」の運用が始まったのは、2010年からとのことで、FBI(連邦捜査局)のテロ対策ウォッチリストに名前がある乗客には印字される、また、ランダムに実施されることもあるとのことです。

ではなぜ自分が「SSSS」に選ばれたのでしょうか。よく考えると、心当たりがいくつかあります。ちなみに、犯罪歴は一切ないそうです。

まず、「バンクーバーからシアトルの航空券を片道で、アラスカ航空で購入していた」こと。日本からバンクーバーまでは台北経由のエバー航空で、往復で買っていたそうでうす。エバー航空には台北シアトル線もあるものの、バンクーバー線のほうがかなり安かったのが理由です。

なお、帰路はエア・カナダで、これもシアトル発バンクーバー行きの片道購入と、少し不自然な購入が原因かもしれませんが、頻繁に日本と海外を行き来していることも、もしかしたら引っかかったのかなとも考えられます。

結論として、最初の「アメリカ行きの航空券を片道で買った」と「白人以外が選ばれやすい」がやや該当するようにも思えます。搭乗客をザっと見渡すと、ほとんどがアメリカ人かカナダ人でした。

誰にでも起こりうる「SSSS」は、備えあれば患いなし。

航空券で「SSSS」が印字されて、身に覚えがなくても、搭乗を拒否されることはまずありません。なにも悪いことをしていなくても、搭乗客のなかからランダムで選ばれことがあります。

もしSSSSを受け取ったら、いち早く保安検査へ向かうことを推奨します。万が一、保安検査に時間を取られて飛行機に乗り遅れても、保安員は一切責任を取ってくれませんので、注意が必要です。皆様も搭乗券を受け取られたら、まずSSSSの印字がないか、確認してください。

お問い合わせ

Contact Us

ご質問やご相談、お見積りなどお気軽にお問い合わせください。
スタッフ一同お客様一人一人のご事情に沿った丁寧な対応を心掛けております。
万全なサポート体制でお客様からのお問い合わせお待ちしております。

03-5402-6191

9:00~18:00 土日祝定休

お問い合わせ