IMSブログ | 日本・アメリカビザ申請代行【行政書士法人IMS】

IMSブログ

Staff Blog

  • トップ
  • IMSブログ
  • 【Youtubeアップしました】入管の「制圧」は違法 国に賠償命令

【Youtubeアップしました】入管の「制圧」は違法 国に賠償命令

入管内で起きる人権侵害

入管のブラジル人「制圧」は違法 国に賠償命令 東京地裁判決というショッキングな事件がありました。朝日新聞の記事を参照します。

東京入国管理局(東京都港区、現・東京出入国在留管理局)収容中に職員から違法な制圧を受けたとしてブラジル国籍のアンドレ・クスノキさん(35)が国に500万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁(下沢良太裁判長)は23日、一部の制圧行為が違法だったと認め、10万円の賠償を命じました。

判決によると、クスノキさんは2016年11月に刑事事件の有罪判決が確定したことから、強制送還のため18年1月に東京入管に収容され、同10月に茨城県牛久市の東日本入国管理センターに移送されることが決まった際、居室のトイレ内にバリケードを作って立てこもり、複数の職員から連れ出されて後ろ手に手錠をかけられ、別室に運ばれました。

別室では、マット上でうつぶせ状態のクスノキさんの頭を職員が約8分間押さえ付けたそうです。判決は、別室への移動について「興奮状態のクスノキさんが自身や職員を傷つける危険性があった。やむを得ない措置だった」と指摘ましたが、別室での制圧について「クスノキさんの抵抗は相当程度弱くなっており、危険性が減じていたのに頭部を強く押さえ付けており、相当ではなかった」と判断しました。まずは、アンドレ・クスノキさんの弁護士が公表した動画を見てみましょう。

いかがでしたでしょうか。
酷いですね。このようにブラジル人のアンドレ・クスノキさんを「制圧」する入管職員たちの動画を原告側弁護士提供の動画より公表され、
クスノキさん側は訴訟で制圧により左肩に後遺障害が残ったと主張しましたが、判決は両肩を圧迫されていなかったとしてこれを退けましたが、一方で、顔にうっ血が残るほどの強い力を加え続けられたとして慰謝料を10万円と算定されました。

現在、同センターから仮放免中のクスノキさんは判決後の取材に「入管の職員は、最初から力で制圧しようとするのではなく、説明したり、話し合ったりする姿勢を持ってほしい」などと話しました。

東京出入国在留管理局は「判決の内容を精査して、上級庁や関係機関と今後の対応を協議する」とコメントしたそうです。以前名古屋入管で起きた、スリランカ女性が適切な医療行為の提供がなく死に至った事件は、最近ニュースで名古屋地検が17日、当時の局長ら職員13人について不起訴処分(嫌疑なし)とし、発表しましたが、遺族はこれを不服として検察審査会に申し立てる意向だそうです。

このように入管内で起きる人権侵害が後を絶たちませんが、参議院選挙も終わりましたので、ここで胡坐をかくことはせずに、しっかりとした制度改革を国会で議論すべき時がきていると思います。

お問い合わせ

Contact Us

ご質問やご相談、お見積りなどお気軽にお問い合わせください。
スタッフ一同お客様一人一人のご事情に沿った丁寧な対応を心掛けております。
万全なサポート体制でお客様からのお問い合わせお待ちしております。

03-5402-6191

9:00~18:00 土日祝定休

お問い合わせ