IMSブログ | 日本・アメリカビザ申請代行【行政書士法人IMS】

IMSブログ

Staff Blog

ベトナム渡航と帰国の際の注意点

ベトナム観光ビザ30日シングル

こんにちは

IMSの武内です。

渡航緩和に伴い今日、ベトナム観光ビザ(30日シングル)のご依頼が多くなってまいりました。ベトナム観光ビザは30日シングルが未だ最長の期間になります。

コロナ前の観光ビザ3ヶ月(シングル・マルチ)は発給が停止しているが現状です。また、、観光ビザでアライバルビザの取得も出来ませんのでお気をつけ下さい。

 

さて、渡航緩和は喜ばしいものの、PCR検査や陰性証明についてはどうでしょうか。

本日は弊社オリジナルPCR検査のサービスがご好評を頂いていることについてお話しします。

最近、ベトナムには陰性証明が必要ですか?または、3回接種していないとベトナムには渡航できませんか?とお問い合わせがございます。

在ベトナム日本国大使館のWEBにも記載されておりますが、ワクチン接種の有無や回数は入国の条件としては規定されていません。また、入国前の陰性証明書の取得・持参は入国の条件ではなくなりました。

上記の件はあくまでもベトナムへ入国する際の条件では無いということを覚えて置いてください。使用なさるエアラインによって陰性証明の提示が必要な場合もありますので、必ずエアラインに問い合わせましょう。経由地で提示を求められる場合もあります。

しかし、海外に渡航する分には問題は無いのですが、問題は日本に帰国の際です。残念ながら、まだまだ条件があります。現段階では、政府等公的な機関で発行された接種証明書が必要です。そちらの提示は厚生労働省が定めるMY SOSのダウンロードでパスポート、質問票の登録、ワクチン接種証明書または出国前72時間以内の検査証明書を登録しなければなりません。接種証明は日本語又は英語で記載されていることが条件です。

また、日本経済新聞の記事によると、日本人のワクチン接種率は

1回目 104,239,529 人 81.4%

2回目 102,880,619人 80.4%

3回目 82,600,396 人  60.6%                        10月11日時点

となっており、3回目の接種率から2回目よりだいぶ下がる印象です。

従って、3回接種をしてない方は必ず72時間前のPCR検査を現地で行う必要があります。

 

渡航は緩和されましたが、まだまだコロナ前のような状況にはいかないようです。

そこで、日本にご帰国の際PCR検査が必要お客様には、行政書士法人IMSオリジナルのPCR検査サポート業務も21,000円(税抜)で行っております。弊社ではベトナムビザのサポートだけではございません。

ベトナムへ急に出張が入ったが、渡航までに3回目を接種する時間がない!観光に行く予定だが2回しか打っていない!と焦る前に、弊社へお問い合わせください。

ベトナムビザ取得サポート並びにPCR検査のセット料金もございます。

出張型の検査ですので、お時間が無い方や、ベトナム語に不安な方でも現地ベトナム人スタッフが日本語でサポートいたします。

大変便利なサービスになっておりますので、是非ご参照下さい。

最新の記事

カテゴリー

アーカイブス

お問い合わせ

Contact Us

ご質問やご相談、お見積りなどお気軽にお問い合わせください。
スタッフ一同お客様一人一人のご事情に沿った丁寧な対応を心掛けております。
万全なサポート体制でお客様からのお問い合わせお待ちしております。

03-5402-6191

9:00~18:00 土日祝定休

お問い合わせ