IMSブログ | 日本・アメリカビザ申請代行【行政書士法人IMS】

IMSブログ

Staff Blog

COE交付申請書の名前の記入について

こんにちは。IMSのセガワです。

先日、インドネシアで3年前に産まれた子供の名前が長すぎてずっと出生届を受理してもらえず、ついにインドネシアの大統領に直接手紙を出したというニュースが目に留まりました。

https://mothership.sg/2021/10/indonesian-child-name-too-long/

この男児の名前は、歴史的な人物や場所などの単語を含む、アルファベット115文字(18単語)だそうです。いろいろな思いと願いを込めて付けたお子様の名前を変えたくないというご両親の気持ちもわかりますが、そこまで長いと今後何かと大変そうだなと個人的に思ってしまいます。。。

ちなみに、このニュースが出ていた10月上旬の時点では、大統領からの正式な発表や返信はまだなかったそうです。

名前に関連して、外国人が日本に入国する(短期滞在以外の目的で)許可を得る為に最初に提出しなければならない書類「在留資格認定証明書交付申請書(Application for Certificate of Eligibility)」に記入する氏名について、気を付けなければならない点についてお話ししたいと思います。

パスポートに記載されている氏名と申請書のアルファベットのつづりが一緒であることを確認します。
申請者本人が申請書を作成している場合は間違えることは滅多にないと思いますが、代理人(外国人を招聘しようとしている企業や学術機関の方など)が作成している場合は注意が必要です。

「姓(Surname)」「名(Given name)」「ミドルネーム」の順番ですが、パスポートのIDページの順番どおり記入する必要があります。
多くの場合は日本の慣習と同じように「姓」「名」の順番で記載されています。また、氏名欄が複数に分かれている場合は、上から下、左から右の順番となります。

パスポートのIDページ下の機械読み取り式部分に記載されている氏名と氏名欄との表記が違う場合は、氏名欄が優先されます。
※申請の時、念の為パスポートのIDページのコピーを添付資料として提出することをおすすめします。

When filling out the “Application for Certificate of Eligibility,” there are some points you must be careful when writing your full name.

1)Make sure that the spelling of your name is exactly the same as your passport.

2)Your “surname (last name)” “given name (first name)” and “middle name” must be in the same order as your passport.

In passports of most countries, “surname” is written first, followed by “given name” and “middle name.” When the name is divided into multiple lines, the order to follow is; top to bottom, left to right.

3)If the name included in the machine-readable zone, which is located on the bottom of the ID page of your passport, is written differently than the name section, follow the order in the name section.

*We recommend you to attach a copy of the ID page of your passport, just in case, when submitting your application.

お問い合わせ

Contact Us

ご質問やご相談、お見積りなどお気軽にお問い合わせください。
スタッフ一同お客様一人一人のご事情に沿った丁寧な対応を心掛けております。
万全なサポート体制でお客様からのお問い合わせお待ちしております。

03-5402-6191

9:00~18:00 土日祝定休

お問い合わせ