IMSブログ | 日本・アメリカビザ申請代行【行政書士法人IMS】

IMSブログ

Staff Blog

イギリスの就労ビザガイド~その7~

みなさんこんにちはIMSの浜堂です。

今回は、イギリスの投資家、起業家、人材ビザについて、取り上げてみたいと思います。

残念ながら、2022年2月17日をもってこれまで活用されていた投資家と起業家のビザ(Tier 1)については、セキュリティ上の懸念により廃止されました。現時点で、申請可能なビザは革新起業家ビザ(Innovator Visa)、スタートアップビザ(Start-up Visa)、国際人材ビザ(Global talent Visa)などになります。

革新起業家ビザ(Innovator Visa)はイギリスで革新的なビジネスを立ち上げ、事業を行いたいと考えている方のためのビザです。スタートアップビザ(Start-up Visa)は、イギリスに存在しない革新的なビジネスを立ち上げたい方のためのものです。国際人材ビザ(Global talent Visa)は学術、研究、芸術、文化、デジタル技術の分野でリーダー存在となる方やリーダー候補の方のためのビザです。

今回は革新起業家ビザ(Innovator Visa)についての要件をご案内いたします。

イギリス革新起業家ビザ(Innovator Visa)についての要件

条件等 

1)ビザ申請前に事業やビジネスアイディアを承認する団体から査定を受けること

2)英語力の証明

通常、申請の際に英語力を証明する必要があります。

英語力の証明は下記の方法で行います。

・承認された取扱提供者による(SELT)に合格すること

‣  IELTS SELT Consortium

‣  LanguageCert

‣  Pearson

‣  PSI Services (UK) Ltd

(詳細はこちらで確認可能です。)

・18歳未満で入学した英国の学校での学習を通じて得た場合

‣  GCSE

‣  A level

‣  Scottish National Qualification level 4 or 5

・英語による学位取得

3)満18歳以上であること

4)英国滞在中に必要な個人貯蓄があることを証明できること

・28日間連続して個人の銀行口座に少なくとも1,270ポンドを所持している必要があります。

 

新規事業の立ち上げを希望する場合

  • 最低50,000ポンドの投資資金が必要

*資金の入手先を証明する必要があります。

*他人と同じ投資資金を共有することはできません。革新起業家ビザ(Innovator Visa)申請者一人に当たり最低50,000ポンドの投資資金が必要です。

 

本日は、イギリスの革新起業家ビザ(Innovator Visa)の条件等について、ご紹介させていただきました。承認団体からの査定は厳しいので、しっかりとした事業計画が必要となります。次回は引き続き、同ビザに係る注意事項等について、ご案内予定です。

最新の記事

カテゴリー

アーカイブス

お問い合わせ

Contact Us

ご質問やご相談、お見積りなどお気軽にお問い合わせください。
スタッフ一同お客様一人一人のご事情に沿った丁寧な対応を心掛けております。
万全なサポート体制でお客様からのお問い合わせお待ちしております。

03-5402-6191

9:00~18:00 土日祝定休

お問い合わせ