IMSブログ | 日本・アメリカビザ申請代行【行政書士法人IMS】

IMSブログ

Staff Blog

永住不許可理由を把握されていますか?~同行サービス

こんにちは。IMSの洪です。

今年に入っても、コロナ渦の収束の見通しがまったく見えていません。コロナ渦の影響で、個人や企業を問わず、ライフスタイル、マネジメントスタイルなどには大きな変革を起こしたと思います。

さて、最近は永住申請のお問い合わせがいつもより多く増えている気がします。その中には、不許可によるお問い合わせも多数を占めています。永住申請の不許可理由は、基本的に簡単な条文によって示されますので、具体的な内容は誰にも分かりません。ですので、不許可通知をもらったら、まずは入管に行ってその理由を聞かなければなりません。しかし、日本語があまり上手じゃない、どのように聞いたらよいか分からないなど、悩んでいる方が多くいます。

弊社では、このようなお客様のために、「不許可理由聴取サービス」も行っています。入管で不許可理由聴取の際は、行政書士が同行することが可能です。お一人で入管に行くのが不安な方は、ぜひ弊社サービスをご利用ください。永住申請不許可の場合、まずその詳しい理由を把握しないと、今後再申請が出きるかどうかの判断が出来ません。また、不許可理由の内容によって、すぐに再申請できるケースと数年間待たないといけないなどのケースがあります。弊社は、不許可理由聴取サービスはもちろん、再申請が出きるか否かを問わず、今後に向けた対策などお客様と一緒に具体的プランを考えて行きます。

少しでも不許可の可能性を払拭するためには、事前診断が大事です。他人と同じ状況で申請したとしても、皆が100%許可される訳ではありませんので、ご自身の状況に合わせて、書類の準備や作成をしなければなりません。永住者は、日本での生活において大きなメリットがありますので、その分、簡単には許可されるものではありません。申請前に専門家にしっかり事前診断を受けてもらいましょう。

弊社には、経験豊富な専門コンサルタントがいますので、永住申請や不許可を受けた方は、ぜひご連絡、ご相談ください。

お問い合わせ

Contact Us

ご質問やご相談、お見積りなどお気軽にお問い合わせください。
スタッフ一同お客様一人一人のご事情に沿った丁寧な対応を心掛けております。
万全なサポート体制でお客様からのお問い合わせお待ちしております。

03-5402-6191

9:00~18:00 土日祝定休

お問い合わせ