ふとしたきっかけが大きな挑戦に

こんにちは。行政書士法人IMSの後藤です。

先日、アメリカ人の友人と野球観戦に行ってきました。
その友人は、日本のプロ野球の応援スタイルがとても気に入っているようで、
鳴り物や、応援団が音頭をとりながら同じ動き・応援歌で盛り立てるスタイルが
アメリカには無い文化で、とてもエキサイティングだそうです。

私は野球観戦が趣味で、週末はテレビでプロ野球中継、年に何度かは
球場にも足を運ぶほど野球好きではあるのですが、
外国人と野球観戦に行く日が来るとは、何年か前の自分には
想像もできないことでした。

数年前から英会話を習っているのですが、
英会話を始めてみようと思ったきっかけは、海外旅行に行った時、
英語ができる友人に頼りきりで、
「自分でもっと話せるようになったら旅行ももっと楽しいだろうな」と
感じたことでした。
それほど強い意志を持って始めたわけではなく、”習い事”として、
あくまでも趣味の範囲で始めたものでした。
ところが続けていくうちに、TOEICでももう少しスコアが出るように勉強してみよう、
せっかく続けてきたのだから、いつか仕事でも生かせるようにできれば・・・と
単なる趣味から目標に変わっていきました。
そして、IMSに入社し、「いつか」の機会に巡り合うことができました。

「自分の言葉で、お客様に分かりやすく伝える」ためには、
まだまだステップアップが必要ですが、”心に秘めた思い”で終わらせることなく、
実現できるチャンスをいただいたからには、チャレンジを続けていきたいと思います。

-ブログ一覧へ-