国際結婚

行政書士の山口です。

私の友人には、国際結婚をしている人がたくさんいます。

外国人と結婚して海外で生活している友達もいれば、日本で生活している友達もいます。

 

先日、外国人の旦那様と日本で暮らしている友人と話す機会がありました。

彼女の旦那様は、「日本人の配偶者等」という在留資格を持って日本に滞在しています。

この「日本人の配偶者等」という在留資格は、その他の多くの就労資格とは異なり、就労に制限のない資格で、日本で滞在するにあたり、自由度の高い資格です。

(ちなみに彼女の旦那様はフラメンコギタリストです。)

 

自由度の高い資格だからこそ、申請の際には、入国管理局に実態を伴った結婚であること、つまり、偽装結婚ではないことをきちんと証明する必要があります。

弊社では、日本人の配偶者である外国人の方が来日する際に申請する、「在留資格認定証明書」の申請時には、結婚に至る経緯をお尋ねし、申請の理由を説明した文書を作成しております。

プライベートなこともお尋ねしますが、これから日本で共に生活していくという強い意志を示すために重要な書類ですので、心をこめて作成するよう、心がけています。

-ブログ一覧へ-