在留資格認定証明書の返納お手続きについて

こんにちは、行政書士法人IMSの天野です。

本日は在留資格認定証明書の返納にかかるお手続きをご案内します。

 

国外に居住する外国人の方が日本に長期的に滞在する場合は

日本側の当該外国人を受け入れようとする機関の職員その他の申請代理人が

日本の入国管理局に在留資格認定証明書交付申請を行う必要があります。

 

入国管理局での審査が完了し、在留資格認定証明書が無事発行されましたら、

外国人の方は、海外の日本大使館・総領事館でビザ申請を行い、

在留資格認定証明書の発行日から3ヶ月以内に日本に入国することとなります。

 

しかし、申請後に大学の入学を辞退した学生の方や会社への入社を辞退した方など、

在留資格認定証明書を使用する必要がなくなる方もいらっしゃいます。

 

そういったケースでは、在留資格認定証明書の発行前であれば、

申請代理人の方が当該申請の取下げ書を作成し、

入国管理局に提出すれば問題ございません。

 

一方、在留資格認定証明書が発行された後の場合、

在留資格認定証明書の原本を入国管理局に返納する必要があります。

 

その際、在留資格認定証明書の申請代理人が、

在留資格認定証明書を返納する理由を明記した文書を作成し、

在留資格認定証明書の原本とあわせて入国管理局に提出致します。

 

また、外国人の方が現地で既にビザの発給を受けている場合、

日本大使館・総領事館で当該ビザの失効手続きを行う際に

大使館・総領事館の職員から在留資格認定証明書についても

その場で返却するよう指示を受けることがあり、在留資格認定証明書の返納が困難となります。

 

そういったケースでは、在留資格認定証明書の返納が難しい現在の状況を

文書で入国管理局に説明する必要があります。

 

そのため、申請代理人の方に状況を説明する文書をご作成頂き、

在留資格認定証明書の写し(写しが手元にある場合のみ)と共に

入国管理局に提出致します。

 

申請代理人の方は、申請を行った外国人の方が日本に来日しない場合は

所定の手続きを行う必要があり、当該手続きを怠ると、

次回の在留資格認定証明書の申請に影響が及ぶことがあります。

 

そのため、不測の事態が発生し、どのようなお手続きを行えばよいか

迷った際はお気軽に弊社にお問い合わせ頂ければと存じます。

-ブログ一覧へ-