技能実習生からのお問合せ

こんにちは。行政書士法人IMSの伊東です。

先日、技能実習生から留学の在留資格に変更することができるのかというお問い合わせがありました。その方は来年の3月に技能実習を終了し、日本語学校に通いたいというご希望でした。

入国管理局に問い合わせたところ、『技能実習制度は、日本から帰国し、日本で学んだ技能・技術・知識について本国で移転を図り、その国の経済発展を担う人材育成を目的としているため、変更申請をすることはできない。』との回答でした。

『一旦帰国する』のではなく、『完全に帰国する』ということになっており、再度、留学のために日本に入国するということも、技能実習生としての在留期間がない方と比べ、厳しい審査がされ、相当の合理性を求められるようです。

日本に長く滞在されたいというお気持ちは理解できますが、日本で技能実習生として学んだ技能等を本国で活かし、活躍していただきたいと思います。

-ブログ一覧へ-