在留資格更新申請中の出入国

こんにちは。行政書士法人IMSの岩渕です。

以前、日本に滞在していた外国人の知人が、在留資格の更新申請中に出国し、出国中に在留期限が切れ、更新不許可の決定が出たので日本に帰国できないと焦って連絡をしてきたことがありました。
在留資格の更新申請中の出国については、外国人の方も不安になることが多いようです。

入管のホームページには、次の説明があります。
①在留資格の更新申請中でも、再入国許可(みなし再入国許可を含む)により出入国することができる。
②ただし、在留期間の更新申請後に再入国許可(みなし再入国許可を含む)により出国した場合は、在留期限から2か月を経過する日までに再入国して在留期間の更新申請の処分を受ける必要がある。

②の期間が経過後に不許可の結果が出た場合でも、出国準備のための帰国は認められるようです。

また、外国人の本国の側で、在留期間の更新申請中に日本から一時帰国し日本に戻るためには、出国時に、日本での在留資格更新が許可される可能性を裏付ける資料(就労の場合、雇用主との雇用契約書など)や日本の入管が帰国を認めていることを示す資料を求められるケースもあるようです。

在留資格の更新申請中の出入国が認められているとはいっても、必ず許可がおりるとは過信せず、在留期限が到来後の出入国は、なるべくやむを得ない場合にした方が、トラブルを避ける上でもいいのではないでしょうか。

-ブログ一覧へ-