みなし再入国制度について

こんにちは、行政書士法人IMSの岩渕です。
最近、お客様からお問い合わせの多いご質問の1つに、日本に中長期に在留する外国人の方の再入国に関するものがあります。具体的には、査証免除国でない場合、一度出国したらビザを取得して再入国しなくてはならないか、などのお問い合わせです。
2012年に始まった現在の在留制度のもとでは、在留カードを保有する中長期に日本に在留する方が、有効な旅券を保持し、一年以内に再入国する場合、再入国の許可を得なくても入国できます(一定の例外あり)。
ただし、出国の際に出国時に入国審査官に対して,みなし再入国許可による出国を希望する旨の意図を表明する必要があります。具体的には,再入国出国記録(再入国EDカード)で、みなし再入国許可による出国を希望する旨のチェック欄にチェックしていただき,入国審査官に提示するとともに,みなし再入国許可による出国を希望する旨をお伝えいただきます。
なお、出国後一年以内に在留期限が到来する方は、在留期限までに再入国する必要がございます。
従来のように再入国許可を取得してから出国するより、外国人の方には随分便利になったようです。
今後も制度が改善され、日本に在留する外国人にとって、より日本での生活が快適になっていくことを願っております。

-ブログ一覧へ-