決定される在留期間について

こんにちは。行政書士法人IMSの伊東です。

弊社のブログでお伝えしておりますように、4月入社に向けて申請を承った方々の、たくさんのお知らせのハガキが届いています。

在留資格変更許可申請や在留期間更新許可申請は結果を引きとるまで、どのくらいの在留期間が決定されたかを知ることができません。
また、在留期間は、在留資格によって決定される期間が定められています。例えば、技術・人文知識・国際業務であれば、「3月又は1年、3年、5年」の期間の内のいずれかの期間を入国管理局が決定します。そのため、申請書に希望する滞在期間を「2年」と記入した場合には、「2年」の在留期間が決定されるのではなく、「3月又は1年、3年、5年」のいずれかの期間が決定されます。そして、「2年」と記入したからと言って、申請人の方が希望する2年間在留することができる期間である「3年」が必ず決定されるわけではなく、正社員の場合は雇用期間に定めはありませんが、「5年」が決定されるとは限りません。
なお、在留期間については入国管理局が非公開の審査基準によって決定し、その期間を決定した理由を知ることはできません。

許可を引きとるまで、申請人の皆様や入社される企業の方々が希望されている在留期間が決定されているかについて知ることはできませんが、皆様の日本でのご活躍をお祈り申し上げます。

-ブログ一覧へ-