申請書の貼付写真について

こんにちは。行政書士法人IMSの伊東です。

在留資格認定書交付申請、在留期間更新許可申請、在留資格変更許可申請等の申請書には、写真を貼付する必要があり(16歳未満の方は写真の貼付は不要な場合もあります。)、規格にあった写真の提出を求められています。
(提出写真の規格:http://www.immi-moj.go.jp/tetuduki/zairyuu/photo_info.html)
また、申請書にはデータを貼付するのではなく、写真そのものを貼付します。

提出写真の規格に書かれておりますように、申請時より3カ月以内に撮影された写真を貼付するため、現在の在留カードやパスポート(申請時より3カ月以内に取得・更新したパスポートである場合を除く)とは異なる写真を提出する必要があり、当然のことながら、過去に入国管理局に提出した写真を再度提出することはできません。また、規格に合わない写真を提出した場合には、申請を提出した日または審査期間中、許可引き取り時(新しい在留カードを取得する時)のいずれかで再提出を求められることとなります。

弊社が申請に出向いている東京入国管理局では、メガネに光が反射している場合や長めの前髪を横に流している方の前髪がわずかでも目にかかっている場合に、差し替えを求める可能性がある、と言われたことがあります。目元は表情等により変化しやすい箇所でもあるため、写真の提出の際にはご注意ください。

-ブログ一覧へ-