短期ビザ申請における身元保証人

こんにちは。行政書士法人IMSの岩渕です。

査証免除国でない場合、短期で日本に来日する場合、 ビザを取得する必要があります。

ビザ申請においては、各種書類を用意する必要がありますが、 そのひとつに、「身元保証書」があります。

ビザ申請における「身元保証人」とは, ビザ申請人である外国人の日本における滞在が適法に行われることを在外公館長(日本国大使・総領事等)に対し保証する方です。

身元保証人の責任については,民法上の「保証人」 のように法的責任を伴うわけではなく, 道義的責任に留まりますが,保証事項(滞在費,帰国旅費, 法令の遵守)が履行されないと認められる場合には,それ以降のビザ申請において身元保証人となった場合に信頼性を失うことになるのは当然です。

ただし, 身元保証人であれ招へい人であれ, ビザ申請人との関係や渡航目的を偽った書類を作成し,結果的にテロリストの入国や人身取引等の犯罪に荷担することとなった場合には, 別途刑事責任を問われる場合もありますのでご注意ください。

-ブログ一覧へ-