在留資格取得許可申請

こんにちは。行政書士法人IMSの伊東です。

日本国内で外国人の両親から出生した場合や日本国籍を離脱した場合(例えば、日本の国籍と他の国の国籍をお持ちの方が他の国の国籍を選択した場合など)には、日本に在留するための在留資格を持っていないため、在留資格を取得するための申請(在留資格取得許可申請)を行うこととなります。
 これは、上陸手続を経ることなく、日本に在留することとなった外国人の方が、引き続き60日を超えて日本に在留する意思がある場合に必要となる申請です。(60日以内に日本を出国する場合には申請する必要はありません。)
 出生した場合は外国人の両親のお持ちの在留資格、日本国籍を離脱した場合には現在在留している目的により、取得する在留資格が異なります。
 注意していただきたい点として、出生(日本国籍を離脱)した時から30日以内に申請することとなります。特に出生後は慌ただしく、気が付いた時には申請するための期限が迫っている場合もありますので、忘れずにご申請ください。

-ブログ一覧へ-