留学生の資格外活動について

こんにちは。行政書士法人IMSの伊東です。

資格外活動を許可された場合、通常、パスポートに証印が貼られ、資格外活動を行う企業等の名称・所在地、業務内容等、具体的に許可された内容が記載されます。

一方、留学生は、週に28時間以内であることおよび活動場所において風俗営業等が営まれていないことを条件として、企業等の名称・所在地、業務内容等を指定されずに資格外活動が許可されています(包括的許可と言います)。そのため、申請時に資格外活動が決定していなくても申請することができ、許可された場合には証印に具体的な内容を記載されません。

また、在籍する教育機関の学則で定める長期休業期間中は,1日8時間以内の資格外活動を認められています。学則で定める長期休業期間のため、学部によっては学則で定められた期間よりも早く長期休業期間が開始される(又は遅く長期休業期間が終了する)こともありますが、資格外活動を行う場合には学則で定められた長期休業期間を除き、週に28時間以内の資格外活動を守る必要があります。

長期休業期間の開始(又は終了)が週の途中に始まる(又は終わる)場合もありますが、先日、入国管理局に確認したところ、週に28時間以内の資格外活動について、「月曜日から日曜日の間で週28時間以内」等の規定を定めていないため、長期休業期間前(又は後)の1週間で週28時間以内の資格外活動を行ってくださいとのことでした。

-ブログ一覧へ-