英語の面接

行政書士法人IMSのポールです。

 

私がIMSで担当している業務の一つとして、お客様への英語でのスカイプ面接を行っております。面接を受ける側の御客様はおそらく、相手(私)に対する緊張感やストレスが、徐々に高まっていきます。このブログでは、外国語で面接することは難しいと思っている方に、助言をお伝えしたいと思います。

1.         ほどよいストレスレベルを保って下さい。

たくさんの研究の結果から、少々のストレスを感じるレベルであればちょうどよく、上手く行うことが出来ます。しかし、そのストレスを感じすぎてしまうと、やる気や集中力が保てなくなり、発揮できる能力もどんどん少なくなります。そのため、ストレスをうまくコントロールする方法を学ばないといけません。面接の言語で、たくさん練習したらいいと思います。答えを暗記するということではなく、慎重に回答を考えて、その言語で何度でも練習した方がいいと思います。

 

2.         自信を持って下さい。

自分の言語能力が完璧でなくても、自信を持てば、うまくコミュニケーションを取ることが出来ると、私は信じています。面接をする人は、申請者が母言語で話しているわけではないと分かっているため、完璧に話せるとは期待していません。

 

3.         良い姿勢を保って下さい。

ある研究から、人間のコミュニケーションは、55%は表情、姿勢、とボディ・ランゲージで構成されています。そのため、笑顔を忘れず、良い姿勢を保ってください。自分の姿勢は、自分自身をそのまま表現します。

 

-ブログ一覧へ-