「ヒーロー」と呼ばれる仕事

 

ディレクターの川口です。

 

私は最近、ネパール国籍のある御客様より、

私のキャリアで1、2を争う、いつ思い返しても

胸が震えるようなお言葉を頂戴しました。

 

「川口さんは、私の人生のヒーローだと思っています。

私や家族のビザを取ってくれているだけでなく、

日本語が全然上手ではない私に、いつも丁寧に

教えてくれて、本当に助かっています。

私の友人には、ある業者に職業紹介料と

ビザ申請料として、何十万円も支払った後、

音信不通となって騙し取られてしまったり、

ひどい目に遭っている人が何人もいます。

私は初めから、全面的に信頼できる川口さんに

出会えて、本当に幸運だったと思います。」

 

被害に遭われたご友人の一件は、本当に心が痛むお話で、

私と同業の行政書士だったのか、いわばブローカーの

ような存在によるものだったのかはわかりませんでしたが、

実際にそういった事態が起こっているという現実は、

実務家として受け止めなければならないと思います。

 

私に対するお言葉には本当に驚き、私の人生で

「ヒーロー」と呼ばれることがあるとは、

これまで夢にも思っていませんでした。

 

あくまで私個人の単純な感覚では、ヒーローと

呼ばれそうな仕事としてすぐにイメージするのは、

人命救助に関わる仕事や、スポーツや芸術の分野で

人々に夢や感動を与える仕事です。

 

在留資格に関わる私の業務は確かに、外国人ご本人の

人生を大きく左右する、常に重責が伴う仕事であり、

その点はこれまでのブログで何度も言及してきました。

 

ただ、御客様にそこまでのお言葉をいただけるほどの仕事を、

果たして私がしているのか否か、自分自身では何とも言い難く、

これからも自問自答し続けると思います。

おそらく、この先もその答えは出ないのかもしれません。

 

ただ、それほどまでに思っていただける御客様を、

裏切るようなことは絶対にせず、そのお言葉の

価値を理解したいと思います。

 

そして、今後何らかの壁にぶつかった時や、

日々の業務に忙殺されているような時こそ思い返し、

これからも日々精進していきます。

-ブログ一覧へ-