就労資格に関するセミナー開催

 

ディレクターの川口です。

 

先週9月6日(水)、就労資格に関するセミナーにて、
私が講演をさせていただきました。

 

今回の対象者は、過去に新卒の留学生を受け入れたご経験がない企業様や、
少々のご経験がありながらも、申請の際に苦労された企業様として、
在留資格「留学」から「技術・人文知識・国際業務」への
変更許可申請の際のご留意事項や、弊社が感じている
最近の審査の傾向や変化を、主要なテーマといたしました。

 

申請上の実務的なお話の他、私がこれまでに
何千人単位の留学生の方々に接してきた体験談、
学部卒の留学生の約7割が日本での就職を希望しながらも、
実際にはその半分の約3割しか就職していないという実情
(経済産業省調査)、新卒の留学生の能力・資質・個性を
活かすも殺すも、企業様次第であり、
「外国人は日本社会の人手不足の補填ではない」
といった私の考えをお話し、締め括りました。

 

セミナー終盤の質疑応答や、終了後の個別のご質問では、
ご担当者様の様々なお悩みや、企業様が抱えている課題を
お話いただき、講演を行った私自身も多くを学ばせていただいた、
非常に実りある1日となりました。

 

ご出席いただいた数十社のご関係者様にとって、私の講演内容が
今後少しでもご参考となることを願っております。

 

-ブログ一覧へ-