「在留カード等」の仕様書の公開について

こんにちは。行政書士法人IMSの岩渕です。

昨日、入国管理局のホームページにおいて、「在留カード等」の仕様書が公開されました。

「在留カード等」とは、「在留カード」または「特別永住者証明証」のことを言います。在留カード等には,高度なセキュリティ機能を有する半導体集積回路(ICチップ)が内蔵され、偽造変造カードの作成が極めて困難になるように作られています。

近年、金融機関や携帯電話事業者等が取引を行う際に身分証明書などによる本人確認が義務付けられ、様々な場面において、外国人の方の本人確認の証明書として写真付きの在留カード等が用いられるようになってきています。

そこで、民間企業等において、カードの偽変造等の確認を行う必要が生じることが予想され、容易に確認が行うことができるようにするため、在留カード等のICチップの読み出しに係る仕様が公開されることとなりました。

民間企業等においてこれらの確認が確実に行われることによって、不正な取引等の防止、ひいては金融機関等の当事者や善良な外国人の方々の保護につながることが期待されています。

なお、ICチップのデータを読み取って蓄積される場合には、個人情報の保護に関する法律に基づき、個人情報の利用目的等をご本人に通知するか、又は公表する必要があります。

公開される仕様書や詳細については、以下の入国管理局のホームページをご確認ください。

http://www.immi-moj.go.jp/news-list/120424_01.html

-ブログ一覧へ-