出国税スタート

明けましておめでとうございます。行政書士法人IMSの松井です。

年末年始に海外へご旅行された方も多くいらっしゃるかと思いますが、今後日本から出国する場合には新たな費用が発生することになったことをご存じでしょうか。

日本を出国する際に、原則一人当たり1,000円を課す「国際観光旅客税(出国税)」の徴収が昨日(1月7日)より始めっています。新たな国税は1992年の地価税以来、27年ぶりとなるそうです。この出国税は、日本人、外国人を問わず、日本から海外に出国する2歳以上の人に納税する義務が発生しますが、24時間以内の乗り継ぎの場合は対象外となります。航空券等に上乗せされて徴収されるので、税金という感覚はあまり持たれないかと思いますが、空港使用料、燃料サーチャージ等近年海外旅行の際には、航空券、ホテル代、海外旅行保険以外にも多くの費用が掛かるようになってしまったと感じています。2019年度は約500億円の税収が見込まれているとのことなので、海外の方が日本を訪れたいと思われるような施設・態勢の整備等、有意義な使い方をしていただき、少しでも多くの外国人の方が日本を訪れ、あるいは日本で活躍してくれるようになることを願ってやみません。

 

日本ビザ申請、IMSの特徴および「唯一性」

https://attorney-office.com/uniqueness.html

-ブログ一覧へ-