外国人の在留の管理とは

こんにちは、行政書士法人IMSの森﨑です。

前回は「すべての人の出入国の公正な管理」について

お話させていただきました。

 

今回は「外国人の在留の管理」についてお話させていただきます。

 

例えば、許可された活動以外のアルバイトなどを行う場合

「資格外活動許可」の申請が必要です。

就労ビザの方が資格外活動許可を得るには、現在働いている会社から副業を認めることを

証する資料が必要になります。また、アルバイト(副業)先の雇用契約書(雇用予定証明証)の提出も

必要になります。

また、許可された期間を超えて在留する場合「在留許可更新」の

申請が必要です。

このように、日本入国在留している間に、

現在の在留資格や在留期間を変更したい場合は、

出入国在留管理局で変更の手続きをする必要があります。

 

そして日本では、在留資格や在留期間によって、

外国人の日本での活動と滞在を保証し、

また、日本国民の利益や治安を守りつつ、

外国人の在留の管理に努めています。

就労ビザ等で日本に来る外国人の方は、年々増えいるいますので、

在留外国人の管理はもだんだん厳しくなってきています。

 

また、様々な国からの外国人からの相談及び

情報を提供するために「外国人在留総合インフォメーションセンター」も

開設されています。

-ブログ一覧へ-