外国人の退去強制

こんにちは、行政書士法人IMSの森崎です。

前回は「中長期在留者の在留管理制度、特別永住者証明書への切り替え・有効期間更新」
についてお話させていただきました。

今回は「外国人の退去強制」
についてお話させていただきます。

外国人の退去強制の主な原因となる事由として、
不法残留、資格外活動、不法入国、不法上陸、刑罰法令違反などがあげられます。
そしてこれらから日本国民の安全や利益が害されるのを防ぐために、
法令に基づいて退去強制を行います。

そして現在日本で不法残留する外国人は約6万5千人に及びます。
その大部分は不法就労しているものと考えられます。
不法就労は日本の労働市場に影響を与えたり、治安の悪化にも影響を与えています。
また、不法労働者にとっても劣悪な環境の下で労働を強いられるなどの
被害も生じています。
一定の要件を満たす不法残留者については簡易な手続きにより出国させる「出国命令制度」がありますが、
強制退去と決定された外国人は速やかに国籍国などへ送還されることとなっています。

入国管理局では、出入国管理行政を通じて日本と世界を結び、
人々の交流の国際化を図るとともに、日本の安全・安心も守っています。

-ブログ一覧へ-