アメリカビザ申請時の写真

こんにちは。行政書士法人IMSの岩渕です。

弊社では、日本の在留資格の他、アメリカビザも扱っており、最近、大変多くのお問い合わせをいただきます。

基本的に、アメリカへは日本国籍をお持ちの方であれば、ビザなしで観光や一定の商用で90日間滞在できますが、ESTAの入力ミスや犯罪歴がある方の他、90日を超えて滞在する必要のある方は、ビザ申請が必要となります。

さて、非移民ビザを申請される方は、DS160というフォームに入力する必要がございます。
DS160作成の際には写真データのアップロードが必要となりますが、大変細かい要件があります。

以下をご参照ください。

http://www.ustraveldocs.com/jp_jp/jp-niv-photoinfo.asp

規格が細かいため、実際に準備した写真が使えるか不安になる方もいらっしゃるかもしれません。そこで便利なのが、写真アップロードをする前に、その写真が大使館の求める要件を満たすかどうかを確認できるツールです。

DS160の作成前にも、写真のみをご確認いただけます。
(以下のサイトで査証申請地を選択及びコードを入力後、″Test Photo”をクリックしてください)

https://ceac.state.gov/genniv/ 

ビザの申請のご必要がある方は、早めにお試しください。

-ブログ一覧へ-