I-94とパスポートに押印、記入されたものとの相違

行政書士法人IMSの宮洞です。

これは過去業務手続上で起こったことになりますが
J-1ビザをご取得された方が入国審査時に
審査官がパスポートに記載した「J-1、D/S」と
I-94の「Class of Admission」が異なっていたケースがありました。

返却されたパスポートをその場で確認せず、後日改めて確認をしたところ
「J-1、D/S」と記載されておらず、日付が書かれてていたそうです。

「J-1、D/S」と記載されなければ、DS-2019記載の
研修期間+研修終了後30日の合法的に滞在することができなくなります。

米国滞在先に最も近い税関と国境保護査定検査サイトに連絡をし
修正を行ったようですが、時間がかかったのは言うまでもありません。

I-94の情報が出来るだけ早く更新されるようお手続き下さい。

https://www.cbp.gov/contact/ports

-ブログ一覧へ-