DS-2019(J-1ビザ適格証明書)に記載の研修開始日から30日を過ぎると…。

行政書士法人IMSの宮洞です。

 

交流訪問者ビザ(Jビザ)を取得し、いざ渡米!
という時に、業務の引継ぎが長引いてしまった。
研修開始日より1ヶ月遅れて渡米するかもしれない場合はどうしたらいいか…。
DS-2019再発行は必要? いつまでに手続きが必要?
大使館へ書類の再提出は必要?といくつか疑問点がありますね。
今回はこのような時の解決方法をご案内したいと思います。

既に発行されたDS-2019(J-1ビザ適格証明書)に記載の研修開始日から
30日を過ぎると、そのDS-2019は無効になり、そのままでは入国ができません。

まずは研修期間を修正しなければなりません。
プログラムスポンサーへ変更日を知らせ、
DS-7002(研修計画書)の日程を修正してもらい、
署名が完了すると、DS-2019が再発行されます。

次に再発行の書類を大使館へ再提出する必要性について、
同じプログラムスポンサーから、プログラム内容で、
SEVIS Identification Numberとプログラム番号に変更がなく、
プログラムの日付のみ修正された場合、新たにビザ申請は必要なく
再発行されたDS-2019、ビザが貼ってあるパスポート、
返却先が明記されたレターパック510封筒を同封し
ビザ申請をした米国大使館へ郵送するといいそうです。

書類を送る際に、「研修開始日、出国日など」を記入した
カバーレターを同封することをお勧めします。

 

※変更される場合がございますので、最新情報は大使館/領事館
ホームページをご確認ください。
またビザに関するご質問は、ビザ申請サービス・コールセンターへ
お問い合わせいただけます。

-ブログ一覧へ-