帯同家族ビザ申請時期

行政書士法人IMSの宮洞です。

米国非移民ビザの一つでもある、J1ビザ(交流訪問者ビザ)の

帯同家族(J2)のビザ申請はいつできるのかご存じですか?

 

J1申請者と同時にDS-2019を取得していたら、J1申請者が先に

面接をしてビザを取得後であれば、いつでもビザ面接を受けることが可能です。

もちろん一緒に申請することも可能です。

 

何らかの理由で帯同家族のビザ申請をJ1申請者より1,2日後に申請したい場合、

(J1申請者ビザが取得されていない、パスポートや書類が大使館にある)場合、

申請する際に必要なJ1申請者の書類写しは提出できないですよね。

そのような場合は、J1申請者のビザ申請中であることを記載した書類を提出すれば

面接を受けることが可能です。(変更することがあるので米国大使館へ

確認をしてください)

 

ここで注意です!!

J1申請者のビザが許可されない限り、家族のビザも許可はされません。

万が一、J1申請者のビザが却下されてしまった場合、J2申請者もJ1申請者と

紐づけられているので、却下の対象となってしまいます。

 

そのようなリスクを避けるために、J1申請者のビザが取得されてから

帯同家族のビザ申請をすることを推奨します。

一度ビザが却下されてしまうと、残念なことにESTA申請ができませんから…。

 

-ブログ一覧へ-