ジョンが行く:IMSへ訪問

こんにちは行政書士法人IMS桑原です。

先月は暑い暑いと書いた記憶がありますが、もう涼しいですね。毎月書いているような気もしますが、あっという間に季節は流れ、一年はすぐに経ってしまいますね。

前回、米国ビザ申請で却下という結果を下されたミキちゃんですが、ESTAが使えなくなったものの、夏にハワイに行きたいため何とかしたいと考えています。IMSに相談かな。前回のジョンはこちら

 

§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§

「あれ、ミキちゃん今日は早退なの?」

 

ジョンくんは、午後に入って帰り支度をしているミキちゃんに気付きました。

 

「そうなの、ほら、この間米国ビザの申請が却下されたでしょう?それで、もうESTAが使えないってIMSに相談した時言われたって言ったでしょ?」

 

「うん」

 

「でも、私友達と今夏ハワイに行く約束してたの忘れてて・・・どうしてもハワイに行きたいのよね。だから、今日コンサルティングを受けてくるの。それで早退なの。」

 

「コンサルティングって何するの?」

 

「うんと、とりあえず面接に持って行った資料を見てもらって、却下の理由とハワイに行く方法がないか詳細を聞いてくるの!*1

 

「僕、IMSって僕たちのような日本に来る外国人のビザをやってる会社だと思ってた。」

 

「うん、私もそう思ってたんだけど、この間人事の前田さんとランチした時私のビザの話をしたら、IMSは日米のビザを取り扱ってるから相談してみたらって言われたの。」

 

「へえ、そうなんだね。でも仕事帰りに行けばいいのに。」

 

「営業時間が平日18時までなんだって。でも、ここ行政書士がやってて法律に基づいてコンサルしてくれるから、ちょっとここに行きたいんだよね。*2

 

そう言って、ミキちゃんは行ってしまいました。

 

「(ふうん、アメリカのビザなんてすぐ取れそうなもんだけどな。あー、でも今はトランプ政権だから入国制限政策を厳しくやってるんだったっけ。。。)」

 

~~~~~~~~~~~~~~~~

 

「こんにちは、15時に予約した橋本です。」

 

「はい、お待ちしておりました、こちらへどうぞ。」

 

ミキちゃんはIMSの会議室に通されていました。

 

「担当の行政書士が参りますので、しばらくお待ちください。」

 

(あー、緊張する。何だか面接のようだわ。)

 

ミキちゃんは出されたお茶を一息に飲み、気分を落ち着けました。

 

「こんにちは、本日はお忙しい中お越しくださいましてありがとうございます。」

 

「あ、こちらこそ、橋本と申します。」

 

「行政書士の桑原と申します。早速ですが、お電話でご相談いただいたESTA却下の件で、面接時に持参された資料と却下レターを拝見してもよろしいですか?」

 

「はい、これです。」

 

「今回、ご自身で申請されたんですか?」

 

「はい、旅行会社のツアーみたいなのに応募して、ビザの申請だけ自分でしました。」

 

「大使館に提出した書類はこれだけですか?」

 

「はい、旅行会社からはI-20があれば大丈夫だからって言われたので、それだけです。」

 

「そうですか。橋本さん、米国のビザ申請の審査は、まず米国に入国する人は全員永住及び就労の意思を持っている、という目線でスタートします。ですので、どの種類の米国ビザもそうですが、移民局を通さないものは、日本との紐づきを証明する必要があるんですよ。」

 

「え?どういうことですか?私、永住する気も向こうで働く気も全くないんですけど。」

 

「そうですよね。皆さんそうだと思います。ただ、それは面接と書面で伝えないと、米国側は先程申し上げた目線で審査するんですよ。橋本さんが今回大使館からもらった却下レターの理由は米国移民国籍法の214(b)となっていますが、これは、移民国籍法で定められている入国要件に合致しないというもので、却下理由として多くの方が受け取るものです。レターには日本との紐づきが弱い、と記載されていますが、実際この条項に記してある入国要件が多岐に渡るため、その中のどれを満たしていないから却下になったのか、ということまではピンポイントで教えてくれません。」

 

「ということは、私はどうしたらいいんでしょうか。」

 

(ホント、こんな理由が分からない理由で却下だなんて。どうしたらいいんでしょう。来月へつづく)

§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§§

*1:米国ビザ申請をして許可が得られなかった場合、書類が不足していることがよく見受けられます。必要書類は、米国大使館のHPにも記載がありますが、曖昧な情報も多いため、書類の策定は重要です。

*2:行政書士法人IMSでは、米国移民国籍法に基づいて、米国ビザのコンサルティング・申請代行を行っております。事務所には米国人スタッフも在籍しており、法律だけではなく、様々な角度から情報を収集しています。

-ブログ一覧へ-