アメリカBビザ申請代行

こんにちは。

行政書士法人IMSコンサルタントのWatanabeです。

 

アメリカに渡航するために、日本人は過去にトラブルがない方については

90日以内の渡航はビザなし、ESTAでの渡航で問題はありません。

 

しかしながら、過去にトラブル(犯歴、逮捕歴等)あった方はビザ取得が必要になります。

 

商用、観光用のビザはBビザと呼ばれているのですが、

今はアメリカのビザ審査がとても厳しくなっているため、

簡単にビザが取得できるわけではないのです。

 

ESTA渡航できない人が、ビザを自分で申請して

厳しい領事の審査を通すというのは、とても難易度が高く、専門家からすると無理があります。

 

素人の方のアメリカのBビザ申請は年々ハードルが上がっています。

 

そんな時に頼りになるのが行政書士法人IMSです。

 

アメリカBビザを申請しなければならない理由

アメリカBビザを取得しなけらばならない理由があります。

 

・書類に不備があり、一度申請したが不許可になった・・・

・アメリカで不法就労、不法滞在してしまった・・・

・過去に逮捕歴、犯罪歴などがある・・・

・過去に入国拒否にあってしまった・・・

 

このような人は自分でアメリカBビザを取得するのに、

大変に難しい申請者に該当します。

 

アメリカのBビザの申請はテロやトランプ政権によって年々厳しくなってきています。

 

ご自身でアメリカのBビザを申請を試みるのも一つの方法ではありますが、

申請に不安があるという人は専門の人に依頼するのが許可への近道です。

 

アメリカビザの不許可歴がある人でも再申請で取得できる??

過去に、アメリカビザ(Fビザ、Eビザなど全てのカテゴリ含む)を

取得できなかった人でも、アメリカBビザを取得することはできるのでしょうか?

 

結論からいうと、

アメリカビザを取得できなかった人でもアメリカBビザは取得することができます。

 

しかし、それは上記で紹介したように自分で申請するのは大変に難しくなります。

 

専門の人にお願いすることでしっかりと状況を判断してくれ

書類作成やアドバイスをしてくれるので、そのアドバイスに従うということが必要です。

 

アメリカBビザを取得したいなら行政書士法人IMSにお任せ!

アメリカBビザを取得したい!という人は行政書士法人IMSにお任せください!

 

行政書士法人IMSでは88%の依頼者にアメリカBビザを取得させることができています。

 

もちろん、それは実績や英語力、専門知識があってこそできることです。

 

アメリカに行って夢を叶えたいあなた。

 

アメリカ観光をしたいあなた。

 

行政書士法人IMSがアメリカBビザの申請をサポートします。

 

ぜひご相談ください。

 

https://attorney-office.com/lp/us-visa.html

 

-ブログ一覧へ-