永住権申請~年金に関する資料(2)

行政書士法人IMSの冨田です。

 

前回のブログでは、永住権申請の際に提出する「年金に関する資料」を準備するために、

年金ネットで今までの加入状況を確認し、提出が求められている期間中の記録の中で

国民年金に加入していた月があるかどうかをチェックするところまでご紹介しました。

本日はその続きです。

■国民年金に加入していたことが全くなかった場合
  ねんきんネットの「各月の納付状況」をプリントアウトすればOKです
■国民年金に加入していたことがあった場合
  求められる期間中に1か月でも国民年金の加入月がある場合は、
 国民年金保険料領収証書(写し)のコピーを提出します。
 例えば直近2年間の資料提出が求められていて、2年間全てが国民年金でしたら、
 2年分の領収証書を提出して下さい。
 2年間のうち2ヶ月だけ国民年金に加入していたのであれば、
 2ヶ月分を提出して下さい。
  領収証書のコピーが必要なのは、保険料を適正な時期に納付したかどうかを
 確認するためです。
  もし口座振替にしているのであれば、振替日がわかる通帳コピーを提出して下さい。
  領収書コピーも通帳コピーも提出できないのであれば、
 提出できない理由を説明した文書を作成してください。
 求められる期間中、すべて国民年金であれば、領収証書のみでOKです。
  もし国民年金と厚生年金とどちらも加入していたのであれば、
   領収証書に加えて、ねんきんネットの「各月の納付状況」をご提出ください。
https://attorney-office.com/jpvisa_common_lasting.html

-ブログ一覧へ-