渡航は認証されませんでした (ESTA却下・拒否)

こんにちは。

行政書士法人IMSコンサルタントWatanabeです。

アメリカビザの情報を発信します。

 

日本人がアメリカにビザなし渡航するためには、

渡航前事前にESTA申請をし、渡航の認証を受ける必要があります。

ここ最近は渡航前72時間前までには、申請を完了させるように、強く推奨されています。

 

余裕をもってESTA申請をすることはとても大切なことです。

というのも、IMSには

「ESTA申請時に入力ミスをしてしまいどうしたらよいか。」

という問い合わせが大変多く寄せられ、実務家としても

早くにESTA申請することに越したことはないと実感するからです。

 

ESTA入力ミスをしたら、CBPに修正依頼をしてください、と案内はされているが、

結局CBPからの返信を待つと、

「最寄りの大使館・領事館でビザ申請をするように。」と

書かれた定型文メールが返ってきます。

したがい、Bビザ申請をする必要があるからです。

 

ESTAの申請却下の多くは、後半部の質問事項をすべて

『いいえ』ですべきところ、『はい』で回答した箇所があった、ということです。

犯罪歴、病歴、テロリスト関係の部分でチェックを入れていたら、

ビザ申請ではそれらをクリアーにすべき疎明資料もつける必要が出てきます。

 

ESTA申請は、余裕をもって、集中して申請ができる時間をとり、

事実に合っているか、内容に間違いがないかどうか、

何度も確認することが大切です。

 

お困りのことがありましたら、

IMSへご相談ください。

 

アメリカBビザ申請

 

-ブログ一覧へ-