外国人と戸籍

こんにちは。行政書士法人IMSの岩渕です。

外国人と戸籍について少し書かせていただきます。

外国人の方で、特別永住者の方など日本に長く住んでいらっしゃる方の場合、ご自分が戸籍をお持ちになっていると考えられることがあるようです。
しかしながら、戸籍に関しては、日本国籍を持つ方のみが持つものであり、住民登録とは異なります。
そのため外国人の方が帰化申請をする方は、申請書に帰化後の希望本籍地を記載する箇所があります。

また、外国人の方が日本人と結婚しても、国籍が外国籍のままであれば、配偶者の戸籍に自動的に入るようなことはございません。
ただし、配偶者である日本人の戸籍謄抄本には、婚姻した外国人の氏名や結婚の事実が記載されます。
外国人の方が日本人の配偶者であることを示す必要がある場合には、婚姻の事実が記載された日本人配偶者の戸籍謄抄本をご取得いただくことになります。

戸籍関係の書類についてご不明な点がある場合、該当する市区役所の戸籍課でも質問に対応してくださいます。

-ブログ一覧へ-