NPO法人設立

 

ディレクターの川口です。

 

弊社は主たる業務として、日本及びアメリカ両国の

ビザのコンサルティングや申請代行を承っておりますが、

私は直近で、リピーターとなっていただいている御客様より、

NPO法人設立のご依頼をいただき、今週申請を完了しました。

 

一通りの必要書類を概ね作成後、所轄庁(東京都の場合、

都庁内の東京都生活文化局都民生活部管理法人課)にて

個別相談を行い、指摘・修正を経て申請という流れでしたが、

「事業計画書」「活動予算書」といった書類内の、財務関連の

数値の把握・理解、提出書類内での数値の整合性や仕組みを

理解して書類を作成しなければならない点、細かな指摘事項が

ご担当者によって異なり、都度修正する点など、入国管理局への

在留資格の申請とはまた違う難しさを実感しました。

 

直近の東京都の傾向では、縦覧期間1ヶ月を含め

トータルの審査期間に2ヶ月前後を要する傾向のため、

スムーズに進めば最短で3月下旬に審査が完了し、

認証された後には2週間以内に法務局への法人設立登記

(登記は司法書士の独占業務のため、弊社の提携先が対応)

を行うこととなります。

 

私は行政書士として勤務する前、上場企業様の

IR資料に毎日のように目を通す業務を行っていたため、

財務関連書類への苦手意識はなかったものの、

今回は非常に多くのことを学ぶ好機となりました。

 

今回の経験より、入管業務関連の知識だけではなく、

行政書士としてまだまだ幅広い知識が必要であり、

日々・生涯勉強し続ける必要性を、改めて実感しました。

 

-ブログ一覧へ-