ちょっと変わった認証業務

こんにちは。

IMSの細井です。先日、海外在住のお客様からカード型の証明書(運転免許証等)の認証業務のご依頼がありました。

 

日本で発行された書類を海外でも有効なものであると証明するために、当該国の大使館で領事認証を受けることができます。

※直接大使館に書類を持っていけば領事認証が受けられるわけでなく、事前に外務省で公印確認を取得する必要があります。

 

まずは外務省での公印確認ということで、必要書類等を調べていたところ問題が…。

公印確認は原本にスタンプが押される形となるので、カード型の証明書のような、そもそも原本にスタンプが押せないものに関しては公印確認を受けられないんです。

上記のようなケースの場合、まずは公証役場に原本と写しを持っていき、「原本に相違ありません」という認証を受けて、その認証済書類に対して公印確認を受けるという流れになります。

つまり、公証役場→外務省→大使館という3ステップになります。

 

もちろん、私たち行政書士が代理で公証役場の認証を受けることができますが、その場合は本人の印鑑証明書が必要となります。印鑑証明書を提出できない場合は、サイン証明を以て代えることもできます。

ただ、印鑑証明書の提出と比べて手続きが面倒なので、あまりこのパターンで公証役場の認証を受ける方は少ないらしく、公証人の方に驚かれました。

印鑑という文化がある国は数少ないですが、非常に便利で効率のいい制度だなぁと初めて実感しました。

 

 

 

 

-ブログ一覧へ-