在留カードへの漢字氏名表記について

こんにちは。行政書士法人IMSの後藤です。

 

リオオリンピックが先日閉幕し、甲子園も終わり(大の高校野球ファンです)、

夏も終わりが近づいてきたような寂しさを感じます。

秋に向けては、野球と同じく大好きなフィギュアスケートのシーズンが始まるのを

楽しみに待ちたいと思います。

 

さて、本日は、最近留学生の方からお問合せをいただいた、

在留カードの氏名表記についてご紹介したいと思います。

 

お問合せいただいた留学生の方は、中国籍の方で、

在留期間更新許可申請を行うにあたり、更新許可後、新たに発行される

在留カードに漢字氏名を表記したい、というご相談でした。

 

在留カードの氏名は、ローマ字(アルファベット26文字)の大文字を使って表記され、

パスポートのIDページに表記されている氏名が表記されます。

 

中国籍や韓国籍の方は、漢字での氏名表記を希望される方もいらっしゃいますが、

上述の通り、在留カードはローマ字のみによる氏名表記で発行されます。

そのため、在留カードに漢字氏名を表記するには、

「在留カード漢字氏名表記申出」というものが必要となります。

この申出により、在留カードの氏名欄にローマ字と漢字氏名を併記することができます。

 

「在留カード漢字氏名表記申出」は在留期間更新や変更の申請

(その他、在留カードの交付を伴う申請・届出)とあわせて行うことができ、

この場合は漢字氏名の表記に関して入国管理局への手数料は発生しません。

ただし、在留期間更新または変更許可申請書の氏名欄に希望する漢字氏名を記入するだけでは

在留カードに反映されることはなく、「在留カード漢字氏名表記申出書」の提出が必要となります。

 

法務省:在留カード漢字氏名表記申出

http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri10_00019.html

 

なお、在留期間更新や変更申請のような、

在留カードの交付を伴う申請・届出とは異なる時期に漢字氏名表記の申出を行う場合、

在留カードの再交付申請が必要となり、入国管理局への手数料1,300円が発生します。

 

また、漢字氏名表記についてご注意いただきたいのが下記の2点です。

・一度在留カードに漢字氏名が表記されると、ご自身の希望で削除することはできません。

・在留カードに表記される漢字は日本語に置き換えられるため、パスポートの表記と異なる可能性があります。

 

在留カードへ漢字氏名の併記をお考えの方は、この2点に充分ご留意の上、

手続きを行っていただければと存じます。

-ブログ一覧へ-