IMSブログ | 日本・アメリカビザ申請代行【行政書士法人IMS】

IMSブログ

Staff Blog

  • トップ
  • IMSブログ
  • 【Youtube アップしました】外国人労働者は172万7221人で過去最多

【Youtube アップしました】外国人労働者は172万7221人で過去最多

さて、日本ではどのくらいの外国人労働者が働いているのでしょうか。

弊社は外国人の方々の在留資格の手続きを業としている関係で、厚労省が毎年公表する外国人数のデータには大変に興味があります。

本日は厚生労働省が1月28日、令和3年10月末現在の外国人雇用についての届出状況を発表しましたので、データを基に詳細を見て行きたいと思います。

日本で働く外国人労働者は172万7221人で過去最多を更新し、外国人を雇用する事業所は285,080か所で最高を更新したそうです。

国籍別ではベトナムが最も多く453,344人(全体の26.2%)となっています。
前年1,724,328人でしたので、前年比で2,893人増加し、届出が義務化されて以降、最高を更新したものの、対前年増加率は0.2%と、前年の4.0%から3.8ポイント減少しました。
これはコロナの影響による入国制限の影響だと考えられます。

また、外国人を雇用する事業所は285,080か所(前年267,243か所)となり、前年比で17,837か所増加し、届出が義務化されて以降、最高を更新しましたが、対前年増加率は6.7%となり、前年の10.2%から3.5ポイントの減少となりました。

先ほどもお話ししたように国籍別では、1位がベトナムで最も多く453,344人(全体の26.2%)。次いで中国397,084人(全体の23.0%)、3位がフィリピン191,083人(全体の11.1%)の順となりました。

また、在留資格別の対前年増加率をみますと、「特定活動」が44.7%、「専門的・技術的野の在留資格」が9.7%、そして「身分に基づく在留資格」日本人の配偶者等が6.2%であった一方、「技能実習」が-12.6%、「資格外活動」のうち「留学」が-12.7%という結果になりました。

なお対前年増加率が高い上位3か国は、次のとおりとなっています。

まず、1位がペルー31,381人[前年比8.0%増]〔前年29,054人〕となっており、2位フィリピン191,083人[前年比3.4%増]〔前年184,750人〕、そして3位がブラジル134,977人[前年比2.9%増]〔前年131,112人〕となっています。

次に、在留資格別の状況ですが、労働者数が多い上位3在留資格を確認してみましょう。

まず、身分に基づく在留資格日本人の配偶者や定住者等の方になり580,328人(全体の33.6%)〔前年546,469人〕となっています。

次に、専門的・技術的分野の在留資格技術人文知識国際業務が394,509人(全体の22.8%)〔前年359,520人〕、そして技能実習351,788人(全体の20.4%)〔前年402,356人〕となっています。

次に、対前年増加率が高い上位3在留資格ですが、1位が特定活動65,928人[前年比44.7%増]〔前年45,565人〕、2位が専門的・技術的分野の在留資格394,509人[前年比9.7%増]〔前年359,520人〕、そして3位が身分に基づく在留資格580,328人[前年比6.2%増]〔前年546,469人〕となりました。

続きは、Youtubeチャンネルでご説明しております。
ぜひご視聴ください。

最新の記事

カテゴリー

アーカイブス

お問い合わせ

Contact Us

ご質問やご相談、お見積りなどお気軽にお問い合わせください。
スタッフ一同お客様一人一人のご事情に沿った丁寧な対応を心掛けております。
万全なサポート体制でお客様からのお問い合わせお待ちしております。

03-5402-6191

9:00~18:00 土日祝定休

お問い合わせ